複数の会社イメージ

わが国には光回線の業者がいくつもあります。
電話回線は旧電電公社の一社独占でしたが、通信の自由化がおこなわれたあとに始まった光回線の敷設は、各社が自由におこなえるものとなりました。
自由に引けるとは言え、光回線を引くには膨大な初期投資が必要となります。
そのため、独自に引いている会社の数は、ある程度限られたものとなります。
それでもユーザーには選択肢があり、各社を比較して、最適なところを選べる環境です。

全国的に光回線を引いているのは、NTTです。
KDDIもかなり広範囲に光回線を引いています。
他に電力系のケイ・オプティコムや、ケーブルテレビ会社のJCOMも、独自の光回線を持つ回線業者です。
ソニーのグループ会社であるSo-netや、モバイルルーター系の会社であるY!モバイルも自前の光回線を持っています。

意外なことですが、ソフトバンクBBは光回線を持っていません。
携帯電話は、NTT系のドコモとKDDIのau、そしてソフトバンクが大手となっており、NTTとKDDIが光回線を持っているからソフトバンクも、とイメージされがちですが、大手通信会社だから光回線を引いているというわけでもありません。
ソフトバンクは他社の光回線を借用して、高速インターネットサービスを提供しています。
高速インターネットサービスにおいては、ソフトバンクは回線業者でなく、プロバイダーという位置づけです。

結局どこがいい?会社ごとの長所と短所

メリットとデメリット

光回線のシェアで言うと、NTTが3分の2を占め、トップとなっています。
全国に光回線を引いているのはNTTだけであり、NTTの光回線しか使えない地域も多いため、そうなっています。
その状態が長く続くと料金が高止まりし、通信速度アップも見込みづらいため、光回線を他の通信会社も借用できる仕組みが2015年に始まりました。

使える地域が多いのはNTTの光回線ですが、通信速度が最も早いのはSo-netです。
ケイ・オプティコムのような電力系地域企業の光回線は、地元のユーザーに手厚いため、人気があります。
各社ともさまざまな料金プランを設定し、顧客獲得のためのキャンペーンを実施していますので、ユーザーは比較検討し、最適なところを探すのがおすすめです。

電話回線のときのような一社独占ではなく、自由競争がおこなわれているため、我が国の光回線普及率は世界一となっています。
各社で販売促進キャンペーンを進めており、ユーザーにとっては非常に好ましい状況です。

プロバイダーって何?回線業者との違い

悩む男性

プロバイダーは、簡単に考えると、インターネットサービス利用手続きで、ユーザーがやり取りする会社ということです。
電話は、電電公社の独占でしたから、プロバイダーと回線業者を分けて考えることはなかったのですが、インターネット利用の場合は異なります。
電話は、回線を持っているのも、支払い手続きなどでやり取りする相手も電電公社でした。
しかし、通信の自由化がおこなわれたあとは、電話料金の支払い手続きをする相手を選べるようになりました。

電話利用で、マイプランやマイプランプラス登録が突然促されたときのことを憶えている人も多いでしょう。
電話回線を持っているのは、電電公社を前身とするNTTですが、支払い手続きなどで窓口となるところは、NTTのままでもいいし、他の会社にすることもできるようになりました。
通信の自由化で、NTT以外の会社も電話回線を借用して利用者に提供することが可能となったため、さまざまな電話料金プランが生まれました。
これにより、長距離電話の平均料金は破格の安さとなります。

プロバイダーは、電話で言うと、マイプラン登録をする会社に該当します。
ソフトバンクBBのように、光回線を持っていない会社でも、他社が持つ光回線を借用して、ユーザーに高速インターネットサービスを提供できます。
ユーザーが契約時及び普段やり取りする相手は、通常はプロバイダーとなります。

回線業者とは?

光回線業者は、プロバイダーに光回線を使う権利を卸売りしただけであり、その仕入れた光回線を使って自社ブランドを設定し、ユーザーに高速インターネットサービスを提供するのはプロバイダーです。
プロバイダーの数は、無数と言っていいほどあります。
そのため顧客獲得競争もし烈であり、料金低下やサービス向上が進んでいます。

回線を引くのには莫大な費用がかかりますから、回線業者の数は多くはありません。
その限られた数の回線業者だけが、かつての電電公社のように回線を独占していると、料金は高止まりし、技術革新も進みづらくなりがちです。
それでは高速インターネット利用は進みません。
通信の自由化でマイライン登録が促され、回線業者とサービス提供者が分かれたように、光回線業者とプロバイダーが別個のものであったほうが、ユーザーの利益につながります。
光回線業者がプロバイダーの役割も担うというプランもありますが、それぞれが別であったほうが、現在のところは販促活動で料金が割安となっているため、おすすめです。

更新情報
2018-05-12

ドコモ光って何?

アーカイブ